どのように使うのか

配当要求終期の公告に付された物件は、そのままでは半年あまりで競売により売却されますので、所有者は開札期日までの間に売却を試みることになります。そのため、物件の買受 を希望する不動産会社等が、物件の購入のためにこの公告を利用するケースが多くあります。

また、入札をメインに考える場合、半年程度で売却実施命令が出る可能性の高い物件の情報ですので、 入札物件の事前調査の材料としても用いられます。


トップに戻る